注文住宅のメリット3選

一般に、注文住宅は建売住宅より手間と時間の面では劣ると言えますが、それでも選択する価値のある大きなメリットがあります。注文住宅のメリットは数多くありますが、ここでは特に3つ選んでまとめておきたいと思います。

自分の希望を実現!自由度の高さ

予算の調整ができる

注文住宅は建てる前に時間をかけることが重要です

注文住宅とは施主の希望を可能な限り反映させた、いわば「オーダーメイド住宅」をさします。一番のメリットは、施主の要望に応えられる自由度です。ただし、予算オーバーにご注意ください。

全施工過程のチェックができる

念願のマイホーム購入!そこに潜むリスク

マイホーム購入は、ほとんどの人にとって一生に一度あるか無いかの大きな買い物。人生における一つの夢ですよね。しかし、念願かなってようやく購入したマイホームに潜むリスクがあります。それは欠陥住宅というリスクです。これはしばしば起こることで、決して他人事ではありません。住宅の欠陥が発覚した場合、仮に保証や保険で金銭的な損失は取り返すことができたとしても、膨大な手間がかかる手続きが必要です。欠陥を取り除く工事にもある程度の期間を要します。また、せっかく購入した住宅が手抜きの欠陥住宅だとわかった時の精神的なショックは計り知れません。このように、欠陥住宅を購入してしまうことは絶対に避けたいものですが、建売住宅を購入する場合には既に建物が完成しているため、購入前に素人が欠陥を把握することはほぼ不可能です。表に見えていない部分まで検証することはできないからです。

施工過程のチェックは欠陥住宅の防止につながる

完成している住宅を購入する建売住宅では、購入前に欠陥の有無を把握することは困難です。しかし、注文住宅の場合は建築の開始直後から建築現場に行くことができ、建物ができ上がっていく全施工過程をチェックすることができます。そのため、施工過程で疑問点があればその場で施工業者に質問することができますし、万一手抜きや欠陥があれば発見することができます。また、実際には手抜きや欠陥があっても、素人にはそれとは判別できないことも多いかもしれません。しかし、それでも施主が現場に見に来るとなると、現場の施工業者にとってはいいプレッシャーになり、手抜き工事がやりにくくなるという防止効果はあります。実際、注文住宅では建売住宅よりも欠陥住宅の割合は低いのです。

注文住宅の依頼先と選び方

大手ハウスメーカーのメリット・デメリット

大手のハウスメーカーで注文住宅を購入する場合には、契約前に各地の住宅展示場などで、様々な知識を持つ専門のスタッフに流行りの住宅のデザインについて詳しく教えて…

工務店のメリット・デメリット

工務店で家を建てるメリットは、安さと自由度の高さです。大手ハウスメーカーと違い、工務店が住宅展示場にモデルルームを出していることは少なく、CMもやっていない場合…

自分に合った依頼先の選び方

注文住宅の販売に力を入れているハウスメーカーの中でも、店頭やメール、電話などで購入希望者に対する無料相談が行われているところは、多くの消費者から人気が集まってい…